お知らせ

2016.06.06
夏野菜の季節がやってきました!

こんにちは!
今回はソーシャルファーム事業をご紹介します。

ソーシャルファーム(農業体験)は、
平成25年から、被災者支援事業の一環としてスタートしました。
現在は就労準備プログラムや、高齢者の生きがい就労プログラムとして実施しており、
農作業を通じた体験的なコミュ二ケーションプロセスを実践しています。

燦々と降り注ぐ太陽の下、
みんなで一緒に汗をかき、みんなで一緒に食を共にして、
野菜の生育に関わる作業しています。
開放的で生命力に満ちた現場がここにはあります。

これからの時期は、
玉ねぎやジャガイモ(今年は豊作だといいナ!)の収穫が始まり、
トマトや茄子、キュウリ、ピーマンなどの夏野菜の季節がやってきます。

夏野菜は水分やカリウムを豊富に含んでいるものが多いので、
熱中症予防や暑さに負けない体づくりにオススメです!

熊本での炊き出しの様子
絹さややスナップエンドウは大人気で、すぐ完売します

また、ソーシャルファームで栽培している野菜は、農薬や化学肥料は一切使用していません
現在は、PSCの職員向けの社内販売がメインですが、
「わあくらいふ」の利用者や、封入作業の参加者など一般の方にも販売しております。

興味がある方は、ぜひご連絡ください!

お問い合わせ

仙台市生活自立・仕事相談センターわんすてっぷ
電話:022-395-8865(受付時間/平日 9:00~18:00)
メールアドレス:info-cw@personal-support.org