PSCについて

メッセージ

パーソナルサポートセンター(PSC)は、分野をこえて様々な団体が連携し、パーソナルサポートの実施や制度化、パーソナルサポーターの育成を行い、支援を必要としている方を、様々な社会福祉制度やサービス、介護事業所や福祉施設などにつなげ、その方が地域で安心して暮らすことができるようにお手伝いします。

家を失ってしまった人、障がいのある人、DV(ドメスティックヴァイオレンス)の被害にあわれている人、一人親世帯、ニート、引きこもり、就労困難な人など、安定した生活を送ることが難しい状態にある人たちに寄り添い、伴走型支援を行っています。

その中でも、生活に困っている方への支援として仙台市、宮城県の仙南地区(大河原町、川崎町、蔵王町、七ヶ宿町、柴田町、丸森町、山元町、亘理町)、黒川地区(大郷町、大衡村、七ヶ浜町、大和町、松島町、利府町)、多賀城市、富谷市で生活相談をはじめお仕事に関することなど幅広く相談に応じています。

また、東日本大震災の被災者の方に対する支援として、宮城県内のみなし仮設住宅にお住まいの方に対する生活再建や転居に関する相談に応じています。

仙台市では、市内の仮設住宅にお住まいの方で生活や転居希望の相談に応じています。名取市でも被災者の生活や今後のお住まいに関する相談に応じています。

仙台市をはじめ宮城県内の広い地域で、それぞれの困りごと、お気持ちに寄り添い、一緒に伴走しながら一人ひとりの状況に応じた解決をしていきたいと考えています。

「困った」や「どうしよう」といった場合には、一度パーソナルサポートセンターへご相談ください。