事業案内

その他の事業

パーソナルサポートセンターでは、生活困窮者自立支援事業や被災者支援事業だけではなく、支援の狭間にある方への支援を行うべく、以下の事業を実施しています。

仙台市父子家庭相談支援センター

父子家庭世帯を中心に、子育てや生活相談全般、就業についてご相談お受けし、助言を行いながら各種支援のお手伝いをします。
また、必要に応じて弁護士等の専門家が債務問題や養育費、親権などの法律や生活上の諸問題に対してアドバイスします。*弁護士との特別相談は年4回の実施となります。(無料)

名称 仙台市父子家庭相談支援センター
住所 〒980-0802 宮城県仙台市青葉区二日町6-6 シャンボール青葉2階
電話 022-302-3663
メール kosodate@personal-support.org
※受信は24 時間受付可能ですが、返信・対応は原則開所時間内になります。
開所時間 月曜~金曜日 18:00~20:00
※祝日・年末年始を除く
※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、令和2年4月20日(月曜日)より当面の間、開所時間を一部変更しております。
仙台市児童養護施設等入所児童就業支援・アフターケア事業

児童養護施設等入所児童が、将来経済的に自立して生活が営めるよう、キャリア教育による職業観の育成や就業体験実習、面接対策などの就職支援を行っています。

また、施設から退所後もジョブトレーニングや面接相談などのアフターフォローを行い、社会的自立に向けた支援を行っています。

調査研究事業

仙台市市民活動サポートセンター、都市デザインワークス、パーソナルサポートセンターの3団体で、調査研究事業(協働によるまちづくりを次のステージに進めるための調査研究)を行っています。

仙台のあるべき市民社会像を描き、そのあり方を支える新たな仕組み(施策)を検討し、提案することを目的に、5ヵ年計画で全国の先進事例調査や仙台市の市民活動支援策の基礎調査、イベントの開催などをしています。

一人ひとりが大事にされる災害復興法をつくる会 事務局

被災者一人ひとりの視点に立った「一人ひとりが大事にされる災害復興法」の制度化に向け、過去の災害地域、将来災害が起こるとされている地域をつなぎながら、シンポジウムやロビーイングを行っています。

名称 一人ひとりが大事にされる災害復興法をつくる会 事務局
住所 〒980-0802 宮城県仙台市青葉区二日町6-6 シャンボール青葉2階
電話 022-399-9662
メール info@hitorihitori.jp
WEB http://hitorihitori.jp