お知らせ

お知らせ

ボッチャに挑戦!

今年の10月にスタートした就労サポートセンター「あしたのタネまき」は、
障害がある方の就労支援サービスを行っています。

前回は余暇講座『秋のハロウィン』の様子をお伝えしましたが、
今回はスポーツ講座についてのレポートです!

10月26日、初めてのスポーツ講座は“ボッチャ”に挑戦!

ボッチャとは・・・

ヨーロッパで生まれた障がい者のために考えられたスポーツで、パラリンピックの正式種目のひとつです。東京パラリンピックでは、有明体操競技場で開催予定になっています。
ルールは、「ジャックボール」と呼ばれる白いボールに向かって、赤と青、それぞれ6個のボールを投げる、転がすなどしてジャックボールにどれだけ近づけられるかを競います。

定められた範囲内でジャックボールに、どれだけ近づけられるか。
イメージとしてはカーリングと似ています。

ボッチャ経験者はスタッフ1名のみ。ほとんどが初めてです。
今回はの2チームに分かれて、ゲームスタート!!

ボッチャに挑戦 ボッチャに挑戦

順番に投げていきます。
チームのボールを白いジャックボールに近づけようと、
上から投げたり、下から投げたり、転がしたり、ちょっと高く投げてみたり、
勢いよく転がしてわざと相手チームのボールをはじきだしたり・・・。

審判は交代制。微妙な距離のときには、メジャーで測ります。

ボッチャに挑戦 ボッチャに挑戦

なかなか思うようにはいきませんでしたが、
最後の1球で大逆転!という白熱した場面もあり、
スタッフも利用者も手をたたいて盛り上がりました。

「審判をすることができてうれしかった」
「おもしろかったので、またやりたい」という感想もあり、
みんな楽しい時間を過ごした様子です。

あしたのタネまきでは、見学や体験を随時行っています。
ぜひお問い合わせください。

お申込み・問い合わせは
就労サポートセンター あしたのタネまき
電話:022-796-7316(平日 9:00~18:00)